2月3日は節分、お孫さんと一緒に豆まきしましょう。




Pocket

こんにちは、まごハピです。

2月3日は節分、節分といえば豆まきですよね。ワタシ的には太巻きとか全然ピンときません。やはり「鬼は外〜、福は内〜」とやってこそですよね。何しろ歴史が違います。古くは室町時代から続いています。鬼になってみるのもいいかもしれません。今年はお孫さんと一緒に豆まきやってみませんか?

豆まきの由来って?

節分には豆をまきますが、これは中国の習俗が伝わったものとされています。豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

豆まきは一般的に、一家の主人あるいは「年男」(その年の干支生まれの人)が豆をまくものとされていますが、家庭によっては家族全員で、というところも多いようです。家族は自分の数え年の数だけ豆を食べると病気にならず健康でいられると言われています。

ただ、豆まきに使う豆は炒った豆でなくてはなりません。なぜなら、生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからです。「炒る」は「射る」にも通じ、また、鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたり、この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めるという意味があります。そして最後は、豆を人間が食べてしまうことにより、鬼を退治した、ということになるわけです。

 歳時記の用語「節分の歴史と由来」甘春堂より引用

このようなことが言われているようですが「大豆でやられる鬼って?!」と思ってしまいました。豆まきを大豆ではなく、落花生をまく地域もあるそうです。それなら衛生的に安心ですが、少なくとも私の地域では大豆だと思います。

豆まきの正式ルールがあるって知ってました?

豆まき用の福豆を升に入れて豆まき直前まで神棚にお供えして、神様の力を宿すようにする。

※神棚がない場合は目線より高いタンスなどの上に、白い紙にのせてお供えをする。

1.節分の日の夕暮れ、日が沈む時間に窓を開けて家の奥から外に向かって豆をまいていく。
2.豆をまくのは、家の主人か年男とされている。
3.掛け声は、『鬼は外、福は内』と元気良く。
4.鬼を追い払ったら、すぐに窓を閉める。
5.窓を閉めたら、すぐに自分の数え年の数だけ豆を食べる。
6.豆を食べることで、鬼退治が完了したことになる。

節分の豆まきの由来とは?子供に聞かれても安心! | これが知りたい!より引用

なんてものもありますが、そこは家庭によっていろいろあってもいいのかなと個人的に思います。我が家では嫁さんが片付けやすいように一箇所から鬼(自分)は動けません。ただ子供はとても楽しそうなので、これはこれでありだなーと思っています。お孫さんも楽しそうにしていたら、それが一番いいですものね。

「鬼のお面」ダウンロードサイトはこちらから

ーちびむすドリルーより引用

 

鬼役を誰がやるのかで盛り上がったり、節分や豆まきの由来をお孫さんに話してあげたりしてみてはどうですか。中々改まって節分の話をしてくれるおじいちゃんやおばあちゃんも居ないでしょうから、お孫さんにとって新鮮だと思いますよ。

まごハピ編集員 39


造花・ヒイラギ・節分セットDX







MAGO×HAPPY お孫さんと楽しく過ごせる情報
「まごハピ」

小・中学生、高校生のお孫さんがいる50代から80代のシニアの方に「お孫さんのためになる」「お孫さんと一緒に楽しめる」「アクティブシニアのおすすめ情報」などを提供しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です