2018年1月31日の皆既月食 次回の皆既月食は?




Pocket

こんにちは まごハピです。

昨日1月31日、皆さん皆既月食はご覧になりましたか?

今回の皆既月食は欠け始めから元の丸い状態に戻るまで観ることができ、しかも完全に欠けた状態が1時間以上も続いた条件の良い月食でしたね。時間も早すぎず、遅すぎず、ちょうどニュース番組の時間とも重なったおかげか、テレビでも多くの番組で放送されていましたね。

皆既月食中の月は何で赤く(「赤銅色」と呼ぶようです)見えるのかと調べてみたところ、太陽の光が地球の大気を通る際、赤い光だけ月まで届いているからだそうです。

小学校か中学校の理科で習う「光の分解」や「光の屈折」が関係しているので、「学校の勉強ってこういうところで役に立つこともあるんだね。」とお孫さんとお話しするのも良いのではないでしょうか?

皆既食中の月の色の詳しい説明 (文とイラスト国立天文台HPより)

地球のまわりには大気があります。太陽光が大気の中を通過する際、波長の短い青い光は空気の分子によって散乱され、大気をほとんど通過することができません。

一方、波長の長い赤い光は散乱されにくく、光は弱められながらも大気を通過することができます。これは、朝日や夕日が赤く見えるのと同じ理由です。

また、大気がレンズのような役割を果たし、太陽光が屈折されて本影の内側に入り込みます。このかすかな赤い光が皆既食中の月面を照らし、月が赤黒く見えるのです。

次回の皆既月食はいつ見られるの?

さて、今回の皆既月食を見られた方も見られなかった方も、次回はいつ見られるのか興味はございませんか?
実は意外と近く、今年 2018年7月28日 に観ることができるそうです。ただし東北地方より西の地域で、夜中の2〜3時くらいから欠け始め、皆既食になるのは明け方4〜5時過ぎ。とのこと、観測するにはちょっと大変な時間帯ですね。その後は2019年1月21日のお昼、2021年5月26日の夕方から(欠け始めが見えない地点もあります)、2022年5月16日のお昼と続きます。
今回のように夜の良い時間に日本全国で月の欠け始めから月食の終わりまで観ることができるのは、4年後の2022年11月8日だそうです。

月食一覧(2010年から2030年) 詳細はこちらから

 

まごハピ編集員 昨日は友達からのLINEで気づいた40男

 


星空年艦2018







MAGO×HAPPY お孫さんと楽しく過ごせる情報
「まごハピ」

小・中学生、高校生のお孫さんがいる50代から80代のシニアの方に「お孫さんのためになる」「お孫さんと一緒に楽しめる」「アクティブシニアのおすすめ情報」などを提供しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です