熱中症対策と応急処置




Pocket

こんにちは!まごハピからお知らせです。

まだ6月に入っていないのに大分暑くなってきましたね。
「まだ大丈夫だろう」という油断で熱中症になる方が多いです。
今からしっかり意識して対策をたてましょう。

症状チェック

体温調節機能が未熟な子どもや、
気温の変化に気づきにくくなった高齢者は
熱中症にかかりやすいです。
また、自覚症状がないことも多いため
ここで自分やお孫さんに症状が出ていないか、
チェックしてみましょう。

●頭痛や吐き気がある。
●めまいがする。
●倦怠感がある。
●手足が震える。
●身体が硬直し、呼吸が荒くなる。
●顔色が悪い。
●汗をかかなくなる。
●熱がある。
●意識が朦朧としている。

1つでも当てはまる場合は熱中症の可能性があります。
お孫さんに当てはまるか、ぱっと見てわからない場合は
「ボーっとする?」
「頭がぐらぐらしない?」
など具体的な質問をしてあげてください。

応急処置のしかた

お孫さんや自分が「熱中症かもしれない!」と感じたときは、
すぐに涼しい場所に移動してください。
意識がない場合はここで救急車を呼びます。
氷を入れた袋を用意して、体を冷やして体温を下げます。
冷やす場所は首周り・脇の下・足の付根
この3点には太い血管があるので、
ここを冷やせばすぐに体温を下げることができます。

ただし首の後ろは要注意。
脳への血流が悪くなり、頭痛やめまいなどを引き起こすことがあります。

予防のしかた

普段からの熱中症対策も取り入れておきましょう。とても簡単に予防できます。
●こまめに水分補給をする。
●おっしこの回数に気を配る(おしっこをすることで体温が下がります)。
●気温や湿度に合わせて服装を調整する。
●もったいぶらずにクーラーをつける。
●外出時はこまめに日陰で休憩する。

熱中症以外にも、お孫さんに異常が見られた場合は救急車を呼んだり、
近所の方に助けを求めましょう。
こどもの事故と対策には、様々な事故にあった場合の
応急処置のしかたや予防が載っています。いつでも参考にしましょう。

 

まごハピ漫画ロボ







MAGO×HAPPY お孫さんと楽しく過ごせる情報
「まごハピ」

小・中学生、高校生のお孫さんがいる50代から80代のシニアの方に「お孫さんのためになる」「お孫さんと一緒に楽しめる」「アクティブシニアのおすすめ情報」などを提供しています。




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です