家の中での安全な遊び




Pocket

こんにちは!まごハピからお知らせです。

そろそろ梅雨の時期が近づいてきました。
小さなお孫さんにとっては、家の中にいないといけない、
保護者の方にとっては家の中で騒がれて物事に集中できない……
ストレスの溜まりやすい時期ではないでしょうか。

最近はテレビゲームもかなり浸透していて
遊びには事欠きませんが、
今回はちょっとした工夫で家の中でも
低価格で楽しめる遊びをご紹介します。

手軽に家の中でできる遊び

■スパイごっこ
【用意するもの】
・椅子など、重さがあり凸凹のあるもの
・毛糸やビニールテープ

ギリギリくぐり抜けられるぐらいの
隙間をあけてレーザートラップを作ります。
レーザートラップとは、「ルパン」や「映画バイオハザード」などに
登場した、侵入者を察知する仕掛けです。
糸に触れたらアウト!仕掛け方で難易度も自由自在です。

【作り方】
椅子などを左右に等間隔で並べて、糸をジグザグと椅子に引っ掛けて作ります。

■折り紙・ちぎり紙
【用意するもの】
・色紙
・折り紙
折り紙は家の中の遊びには定番と言えます。
折り方はネットにたくさんあります。
おりがみクラブは種類が多く、大人でも夢中になれますよ。
ちぎり紙ならハサミを使わず、ネットで検索する必要もなく、
安全に自由に遊べます。

■ダンボールで工作
・ダンボール
・紙ガムテープ
本格的に工作するならば、大人の付き添いが必要です。
しかしダンボールをいくつか渡すだけでも、
積み上げたり折ったりと、いろんな遊びを自分で発見します。
ダンボールはお孫さんより大きなものだと喜びます。

ハサミなど刃物を扱える年齢なら

■おもちゃ発掘
【用意するもの】
・紙や布以外でできたおもちゃ
・冷凍庫に入れられる容器
・絵の具
・軽い木槌(ハンマー)
・彫刻刀orこども用ドライバー
子ども用のハンマーと、彫刻刀の代わりになるドライバーが必要ですが
なかなか無い体験に大喜びが期待できます。

【作り方】
容器に水と、溶いた絵の具を入れて混ぜます。
水に色がついたらおもちゃを入れ冷凍庫で凍らせます。
凍らせ化石となったおもちゃの発掘をお孫さんに挑戦させましょう!
化石は桶などの中に入れれば溶けはじめても安心です。

できる限り保護者の方が付き添わなくても大丈夫そうな遊びをまとめました。
危険の多い水場・ベランダ・キッチンなどのそばでは遊ばないように教えましょう。

以上 「漫画ロボ」からのお知らせでした。







MAGO×HAPPY お孫さんと楽しく過ごせる情報
「まごハピ」

小・中学生、高校生のお孫さんがいる50代から80代のシニアの方に「お孫さんのためになる」「お孫さんと一緒に楽しめる」「アクティブシニアのおすすめ情報」などを提供しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です