10月30日 うわっ!懐かしいカメリアダイヤモンドのCM曲




Pocket

こんにちは、まごハピです。今日はお孫さんとは全く縁遠いテーマです。

1980年代後半から1990年代、まさに世の中はバブル時代。50代、60代の方にとって黄金時代でしたよね。世の中はすべて贅沢の極みを象徴するものばかりが溢れていました。女性はワンレンでボディコン(肩パット)、男性は派手な色のダブルスーツ(肩パット)。夜な夜な繁華街は今で言うパリピでいっぱい、タクシーチケットはフル回転で切られていました。

「カメリアダイヤモンド」のテレビCMが深夜枠中心にテレビでバンバン流れて、タイアップ曲のCDがバンバン売れてカラオケでもガンガン歌われてましたよね。最近、ふとした瞬間にその頃に流行っていた曲が頭の中で流れて、懐かしく思いことがあります。

エッ?カメリアダイアモンドって何?…

株式会社 三貴(みき)は、日本のファッション企業。宝石輸入・加工・販売会社。宝石販売店「ジュエリーマキ」や「じゅわいよ・くちゅーるマキ」などを運営する。主力製品は「カメリアダイヤモンド」である。かつては、宝石部門は国内最大手、アパレル部門は国内第6位の規模を持ち、特色あるTVコマーシャルでも広く知られていた。ファッション業界における「製造小売業」(SPA)の先駆けとなった企業である。

三貴 – Wikipediaより引用

宝飾店が全国ネットでCMをバンバン流していたんですよ、おそらく今どき世代にはイメージが出来ないでしょうね。その頃の世代の方に言わせると「あー懐かしい」ってな具合です。最近のテレビCMは殆どがスマホゲーム、それを考えると時代は変わったと実感しますね。

かつての三貴グループのテレビCMは、主にスポットCMとして日本全国で放送されていた。とりわけ深夜の時間帯に多く放送されていたが、テレビ東京系列局においては朝晩問わず放送されていた。放送回数の多さに加え、秋吉久美子や桃井かおりなどをCMキャラクターに、中森明菜や布袋寅泰などの曲をCMソングに起用するという話題性の高さから、若年層への知名度は高いものがあった。このCMで起用された数多くの曲がヒットし、一時期「カメリアダイアモンド、ブティックJOY、ファニィの三貴グループのCMソングで起用されるとブレイクする」「カメリア族」などとも言われ、新人歌手の登竜門的存在とされていた。
三貴 – Wikipediaより引用

その時にCMで流れていた曲

  • 高橋真梨子「桃色吐息」(1984年)
    ※当時「カフェバー」よく歌ってました。
  • 岩崎宏美「夢狩人」(1985年)
  • 五輪真弓「泣かないで」(1986年)
  • 鈴木聖美withラッツ&スター「ロンリー・チャップリン」(1987年)
    ※これもよく歌われていましたねぇ
  • 椎名恵「たぶん彼女は水の星座」(1988年)
  • 麻倉未稀 「Dance with Love」(1988年)
  • 矢沢永吉 「共犯者」(1988年)「ニューグランドホテル」(1988年)「くちづけが止まらない」(1988年)
  • TUBE 「Remember Me」(1989年)
  • 岩崎良美 「硝子のカーニバル」(1989年)
  • 鈴木雅之 「別れの街」(1989年)
  • B’z 「太陽のKomachi Angel」(1990年)「Easy Come, Easy Go!」(1990年)
  • 荻野目洋子 「Steal your Love」(1992年)
  • 杏子 「DISTANCIA ~この胸の約束」(1992年)
  • REV 「甘いKiss Kiss」(1993年)
  • 渡辺美里 「BIG WAVE やってきた」(1993年)
  • 田村直美 「永遠の一秒」(1994年)「US ~空と大地の間で~」(1995年)
  • 氷室京介 「VIRGIN BEAT」(1994年)

などなど、ほんの一部ですが掲載します。

そんな懐かしいと思う方におススメのCDがありました。

カメリアダイヤモンドCMソングコレクション

曲目リスト
1. 危険な女神/KATSUMI
2. Woman/中西圭三
3. 天使よ故郷を見よ/アン・ルイス
4. LOVE TRAIN/TMN
5. 男/久宝留理子
6. だまってないで/松田樹利亜
7. LOVE IS ALL MUSIC/華原朋美
8. Honey B/久保田利伸
9. You And I/中西圭三
10. NEOfilia/高橋理奈
11. 恋心/相川七瀬
12. I WANNA GO/華原朋美

買ってからは一人で、または当時を一緒に懐かしんでもらえる方と聴いてみてください。決してお孫さん家族と一緒に聴くのはやめましょうね、おそらく顰蹙になりますから・・・・・。

まごハピ編集長




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です