6月25日AM7時に長野県南部で地震。




Pocket

こんにちは、まごハピです 。

今、この投稿を書いているちょうど3時間前にマグニチュード5という地震がありました。

私が住んでいる名古屋市内でも震度3という揺れがあったので「結構揺れたけど、子ども達は大丈夫か」と、思わず子ども部屋へ様子見に駆け込んでました。その後に実家に連絡して、さらにかみさんの実家にも連絡。

最近地震の発生が多いように感じませんか。気象庁の地震情報を改めて見たんですが、先週はじめの19日(月)から今日現在25日(日)でマグニチュード4以上の地震がなんと5回もあったんですね。

「備えあれば憂いなし」ということで、緊急時の必需品は大丈夫でしょうか。大地震発生後は本格的な救援活動が開始されるまでには3日ほど見ておく必要がある言われています。その間、避難所や自宅などで過ごすには「必需品」は不可欠ですね。

総務省消防庁や内閣府が選定した災害時の非常持ち出し品リスト

1)必需品リスト

◇食料品 インスタント食品、乾パン、缶詰
◇飲料水 3日分。目安は1人1日3リットル
◇医薬品 消毒液、傷薬、胃腸薬、かぜ薬、脱脂綿、ばんそうこう、包帯など
◇日用品 ちり紙、懐中電灯、ラジオ、電池、缶切り、ナイフ、マッチ、生理用品
◇衣類など 毛布、下着、セーターやジャンパー類、軍手など厚手の手袋、防災ずきん、ヘルメット
◇その他 現金、印鑑、預金通帳など。赤ちゃんのいる家ではミルク、ほ乳瓶、紙おむつ

2)あると便利な品

◇食料品 アルファー化米(水だけで戻せる) チョコレートやキャラメル(糖分補給) 調味料(塩:脱水防止、酢:疲労回復)
◇飲料 砂糖の少ない飲料(甘い飲料はのどが渇きやすくなるため)
◇医薬品など とげ抜き、目薬など
◇日用品 ウエットティッシュ(止血、清浄など) 油性ペン(連絡、伝言など) 粘着テープ(散乱ガラス除去など) タオル(止血、防寒など) ビニールシート(防寒、防水など) キッチン用ラップ(止血、防寒など)、アルミはく ポリタンク(生活用水運搬、トイレなど) ごみ袋(防水、荷物運搬など) ライター(防寒、救助信号など) スリッパ、洗面用具 使い捨てカイロ カセットコンロ 紙コップ、紙皿 予備の眼鏡

と、投稿記事を書いてる側から、さらに長野県南部でマニチュード2.6の地震が発生。やっぱり必需品は早めに確認しておきましょう。

こういった緊急時にお孫さん家族とはどんな連絡方法を取るようになってますか?
自分の持ち物や避難場所の確認と同じように家族との連絡の方法を確認しておくことも重要ですよね。

まごハピ編集長より







MAGO×HAPPY お孫さんと楽しく過ごせる情報
「まごハピ」

小・中学生、高校生のお孫さんがいる50代から80代のシニアの方に「お孫さんのためになる」「お孫さんと一緒に楽しめる」「アクティブシニアのおすすめ情報」などを提供しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です