7月7日に孫と一緒に天の川観察。




Pocket

こんにちは、まごハピです。

もう少しで7月7日七夕です。
七夕と言えば天の川で離ればなれになった、
織姫と彦星が一年に一度、会うことができるというロマンチックな一日。
お孫さんも短冊に願い事を書いて笹に飾っていると思います。
そんな天の川をお孫さんと観察するというのも素敵じゃないですか?
お孫さんが遠くに住んでいるなら、
時間を合わせて一緒に観るというのも有りだと思います。

そもそも天の川は7月7日以外でも観ることができます。
ただいくつかの条件が揃わないと
なかなか観ることができません。
例えば月の無い夜ということです。
月の出入りは新聞であったりホームページ等で
調べられるので確認してみてください。
あと人口の明かりがあまり無いところが
観察に適しています。山や海岸なんかが最適かと思います。
季節的には夏から秋にかけての月の無い夜なら見られる様です。

織姫とは「こと座のベガ」、
彦星とは「わし座のアルタイル」、
これに「はくちょう座のデネブ」を加えた
3つを結んだ三角形を『夏の大三角』といいます。
この三角形の中を流れている小さな星の集まりが『天の川』です。
7月ですと、深夜0時に真上に見える明るい星が
「織姫のベガ」でそこから少し南に見えるのが「彦星のアルタイル」です。
明るく見つけやすい織姫ベガを見つけることが
天の川観察には一番の近道ですよ。

まごハピ編集員 39




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です