パンダの赤ちゃん




Pocket

上野動物園のパンダ シンシンが赤ちゃんを産みましたね。
現在国内で飼育されているパンダとしては13頭目のパンダになるそうです。
ちなみに今年は、日本で初めて上野動物園にパンダのカンカンとランランが来てから45周年だそうです。(1972年10月28日に来日)

ニュースに載っていましたが、パンダの赤ちゃんの大きさは150グラムくらいだそうです。
人間の赤ちゃんが3000グラムくらい?なのと比較すると「えっ?小っさ!」と思いました。
(大人のパンダはだいたい100kg以上だそうです)

5年前に上野動物園で生まれたオスの赤ちゃんは6日で亡くなってしまったそうで、
パンダの赤ちゃんが無事に大きく育つのは大変なんだなあ。と思います。
なんにせよ新しい赤ちゃんは無事に育ってほしいですね。

10秒ほどですが、上野動物園のHPでシンシンと赤ちゃんの動画を見ることができましたので、見てみました!
シンシンに咥えられて手足をパタパタさせてます。「ほんと ちっちゃい」
すくすくと育てば半年後、今年中にも公開されるみたいです。

そういえば、日本でパンダを見られるのってどの動物園でしょう?
皆さん知っていますか?

答えはなんと

3箇所だけでした!

その3箇所は・・・・

1つはもちろん上野動物園。シンシン(メス)とリーリー(オス)の2頭のパンダがいます。

2つ目は神戸の神戸市立王子動物園。メスのタンタンがいます。

最後の3つ目は、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド。
なんとここには8頭のパンダがいます。
8頭のパンダを飼っている動物園は、中国を除いて世界一のようです。
和歌山県ってパンダ王国なんですね。知らなかったです。すみません。

パンダは東京、兵庫、和歌山の3県にしかいませんが、今度お孫さんと出かけるときは、
久しぶりに動物園!というのはいかがでしょうか?

 

まごハピ編集 ギリギリ生まれたときにはもうパンダは居た40男

 







MAGO×HAPPY お孫さんと楽しく過ごせる情報
「まごハピ」

小・中学生、高校生のお孫さんがいる50代から80代のシニアの方に「お孫さんのためになる」「お孫さんと一緒に楽しめる」「アクティブシニアのおすすめ情報」などを提供しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です